お肌に優しいミネラルファンデーション ユニークユー

Home > 使い方 > 基本のベースメイクテクニック

基本のベースメイクテクニック

ビフォアアフター

ユニークユーのアイテムを使ったベースメイクをご紹介します。

しみやそばかすをカバーしながら、陶器のような上品ですべらかなお肌に仕上がります。

>> 動画でみるハウツー


Step1 薄づきにしたい人向け
カバーファンデーションの塗り方1

ユニークユーのカバーファンデーションは、下地なしでもOKですが、お好みで日焼け止めを塗ってください。カバーファンデーションを指でお顔全体に伸ばします。鼻の脇やまぶた、目の下、口角などは、指の腹で軽くたたき込むように馴染ませてください。

Step2 しっかりカバーしたい人向け
カバーファンデーションの塗り方2

お好みで日焼け止めや下地を塗った後、カバーファンデーションをスポンジで塗ります。しみや毛穴など特にカバーしたい箇所には、スポンジをパタパタとたたき込むように重ね塗りすると、コンシーラー並みのカバー力を発揮します。使い捨てタイプのスポンジは清潔が保てるのでオススメです。

Step3 ルースパウダーを塗る

ルースパウダーを容器蓋に出し、蓋の中でクルクル回しブラシにパウダーをとります。お顔の上で円形を描き、顔全体にパウダーをふんわりとのせます。しっかりめにメイクをしたい場合は、フラットトップを肌に垂直にあてトントンとしてつけることで、パウダーがしっかりと肌にのり、毛穴をカバーしてくれます。

Step4 ふんわり軽めの仕上げには・・・

丸みのあるブラシ カブキを使ってルースパウダーをつけると、ふんわりとした仕上がりになります。小さなベビーカブキはお直しや携帯用に便利です。お好みの雰囲気やシーンにあわせて、ブラシを使い分けてみてください。


メイクの違いをチェック!

メイク方法の違い

左はミネラルカバーファンデーションを指で付けた後、ミネラルルースパウダーをブラシ(カブキ)でのせたメイクです。
右はミネラルカバーファンデーションをスポンジで付けた後、ミネラルルースパウダーをブラシ(フラットトップ)でのせて仕上げました。

ナチュラルな仕上げがお好みの場合は左の組み合わせを、よりシミやソバカスをカバーしたい場合は右の組み合わせがお勧めです。より艶感を出し素肌のような仕上がりを演出したい場合はカバーファンデーションのみでお試しください。敏感肌の方はルースパウダーのみで仕上げるのが一番お肌に優しいです。


動画でみるハウツー

【 カバーファンデーション - 指で塗る編 】

【 カバーファンデーション - スポンジで塗る編 】

【 ルースパウダー - ふんわり塗る編 】

【 ルースパウダー - しっかりカバー編 】